Green Room  ボディーワーカー柴永子 の カタールな暮らしぶり

chacolita.exblog.jp

ファシャワーカー(OPENPATH) フェルデンクライス養成コース   Qatarで日本語教師       Qatarで駐在員妻     Qatarで子育て     

カテゴリ:カタール( 2 )

ノーベル生理学・医学賞を受賞された山中教授がカタール国際会議場(QNCC)で開催されるカタール財団の年次フォーラムの出席のためにドーハに訪問。
息子が通っているドーハ日本人学校に来校して講演会をしてくださいました。

まず最初に子供たちに
「みんな夢はあるかな?」と質問。
子供たちは元気に手を挙げて皆、自分の夢を元気に発表。
わが息子は、「サッカー選手」(←小学生男子ほとんど)と大きな声。

山中教授が一番最初に子供たちに伝えたことは
夢はこれから変わっていくかもしれないけれど、
色々な行事どんなことでも一生懸命やることが大事。
子どもの間にいろいろなことをやったほうがいい


本当にそう。
力を出し切ることの素晴らしさを体感してほしいといつも思っているので、やはり、そこから始まるのですよねと納得し、うなづき、励まされる。

それから、教授自身がなぜ科学者になったかについて子供たちにわかりやすく説明してくれました。子どもの頃は細くて、弱弱しいと心配した父親の勧めで中学生になったとき、柔道を始める。

その後ラグビーもやり骨折を多々経験、昨日まで元気だった人が、スポーツでのけがをきっかけに歩けなくなり人生が変わってしまうのを目の当たりにするようになり、どうにか救うことはできないか、人を救いたいと思って、高校生の時に医者になると決めて、その道を選択。

お医者さんになってから、なぜ科学者になろと思ったか?

「外科の手術が下手だったのもあるんだけど(笑)
今ある技術では、病気はすべて治すことはできないこと、だから新しい技術、今ここにないものを発見して、今治せない病気を治せることに貢献したいと考えるようになったから、科学者になったんだよ。」と。

そして、血液から力のあるIPS細胞を作ることができるようになった。
4つの因子をかける、因子ってわかるかな? 遺伝子の情報だけど、血液の中に入っている。


そこでパワーポイントでスーパーマンの主役だった俳優さんが大けがで
脊髄損傷 下半身不随になってしまったことを紹介。

d0180043_11461336.jpg


腰に神経細胞を移植することで動けるようになることがわかってきたとのことで、ネズミの実験の紹介。

脊髄損傷をさせたネズミの映像、下半身を引きずって前足だけで歩く様子を確認
「かわいそうだけど、いきなり人間に実験はできないのでこうやってネズミにするんだよ」と説明
そして、ips細胞で腰に神経細胞を移植したところ、ネズミが少しぎこちなさは残るものの、スムーズに歩けるようになったんですね!映像をみて、うぁ~と歓声。

「これを1日でも早く人間の治療に使えるようにすること、これが僕たちの仕事です。」

子どもの視線に合わせたシンプルで分かりやすい、それでいて興味深い内容でした。

そのあとは子供たちの質疑応答
子供たち皆が元気よく手をあげて質問しました。


Q「豹の細胞を人間に移植したら足が速くなるというようなことができるようになりますか?」
Q「像の細胞を人間に移植したら鼻が長くなるというようなことがありますか?」

今の段階では、その人の持っている細胞を本人に移植することしかできなこと、ほかの細胞は拒否反応がでてしまうのでできないよと答えられていました。

できたら、困ります。できないことを祈ります。

最後に生徒と父兄もはいって集合写真。
この写真は翌日の新聞にも掲載されました。
[PR]
by chacolita | 2013-11-30 11:08 | カタール
DohaのTV局 Al Jazeerのスタジオを見学できることに!
こちらではカタール人15%くらい働いているとのことで、始めて実際に働いているカタール人を見た。

案内してくれたのはエジプトの男性で奥様は日本人だそう。
日本で国際NHK勤務、UKでBCC勤務経験があり、日本語が堪能で
素晴らしい日本語で案内してくれた。
日本では、カメラマンや記事を書く人など、それぞれ専門分野ごとにプロフェッショナルとして
分かれているけど、こちらではすべて一人の人がすること。むしろそのスタイルのほうがスタンダードで
BCC時代も一人でなんでもできるようになることがジャーナリストに求められることであったとのこと。

下記映像は2011年のバーレンの暴動のときのもの
TV局から1人しか入国が許されないという条件のなか、一人の女性がバーレンに入国し
撮影取材したものの、強制帰国を命じられフィルムも没収され、放映できなかった。

そのフィルムがバーレンにいる誰かの手によって1週間後に、you tubeにUpされたそう。

帰宅したらぜひ、見てくださいShouting in the dark」   ←クイック
と検索すれば出てくるからと言われた。 さっそく検索。


こちらにきて「なんで?」って思うことがたくさんある。その一つ一つを知ることで、
紛争やデモが起こる背景を肌で理解できるようになるだろうか?

まだ、知識がなさすぎて、そして日本にいるときは、どこか遠い国でおきてること、日本とは
あまり関係のないこと、そしてできれば避けたい、紛争や暴力、あえて知りたくないと思っていたことが
急に身近になった。

まずは、今の自分の生活で、なんで?と思う感覚にきをとめ、身近なことから知っていきたいと思う。

こちらにきて2か月、この映像をみて、アラブの人、中東の人の姿が自分の身近になってることに
驚いた。


映像から、街角に流れるコーランの祈りが聞こえ、身近に感じた。

生活するってそういうことなのかも。

余談ですが、7歳の息子、Dohaで初めて、窓の外から流れてくるお祈りをきいて
「カタールにも、石焼き芋がうってるの?」と。(笑)
アラビア語で 「いしやきいもぉ~~」と言ってるかと思ったと。

私は最初、空襲警報(実経験はないけどイメージ)に聞こえた。
そのうち、お豆腐を売ってる声にきこえ、今は、フラメンコのカンテに聞こえる。

あ~、もうそんな時間なんだ、という気づきにもなり、
また、ここは日本でないんだから、そんなに頑張らなくてもいいんだよ(求めても日本と同じようには無理)
と、いい意味で諦める気持ちにさせてくれる。

1日5回も聞いていると、当たり前のものになっていくんだな。

Al Jazeera には 紛争などで命を落としたジャーナリスト祀るスペースがあった。
弾丸の跡があるベストなど展示されていて、戦場の様子が浮かんだ。

You tube映像も含め、「伝える」ために命をかけて仕事をする人たちの、存在、
そのプロとしての仕事に心から感謝と敬意の気持ちを込めて黙祷する。

彼らは何を伝えたかったんだろう?真実の姿なのかな。

私は、命を懸けることはできないけれど、
伝えいたいと思ったこと、小さいことでも、大事にしてこれから生活してみたいと思った。



[PR]
by chacolita | 2013-06-01 08:32 | カタール