Green Room  ボディーワーカー柴永子 の カタールな暮らしぶり

chacolita.exblog.jp

ファシャワーカー(OPENPATH) フェルデンクライス養成コース   Qatarで日本語教師       Qatarで駐在員妻     Qatarで子育て     

カテゴリ:プライベート( 15 )

     「楽に動ける自由な身体へ」           070.gif070.gif



body work lounge

LIBERA の 柴です 056.gif

                                         

この週末で3つの抱えていたものが無事終了しました!

まず、本日13(日)無事「OPENPATH講師養成コース」が終了しました。043.gif
修了証をもらえるのはカルチャースクールでの修行(?)が終わる3月ですが、無事終わりほっとした気持ちと
ここから始まるという気持ちです。
今回、各回ごとに資料を作成し発表とデモストレーションをしたのですが、自分の得意なところと足りないところを客観的に見ることができました。これから先生や仲間から指摘されたところを見直して、テキストにできるような内容に資料をまとめていきたいと思います。カルチャースクールやワークショップはボディーワークを知ってもらうのに有意義なので、活用できる方法を考えていきたいと思います。034.gif
まずは、私のセッションを受けに来てくださっている方々を中心に自宅で自分や家族にできる方法を伝授してより効果的に深くボディーワークに関わってもらえるように、どんな内容にするのか企画します026.gif

もう一つはフェルデンクライスのプラクティショナー養成コース。こちらは12月26日から1月12日まで お休みは1月2&3だけというものでした。が、私は11日を最終日にとし、残り1日のレッスンは未練をのこしながら欠席、12日(土)は保育園のスキーのお手伝いにに日帰りで参加しました。なので、11日に冬のセグメントは終了。次回は5月の連休です。(こちらはまだ先が長く4~7年かけて終了予定)

トレーニングコースの中で、フェルデンクライスのレッスンを連日10日以上受けたかいがあって、スキー場の上での感覚はまったく別物でした。斜面に対して骨盤を起こすという感覚がとてつかみやすくて、筋力をあまり使わずに、ターンができたおかげで、苦手だった小回りターンが以前より快適でした。30代40代の父兄たちは、「年々、年齢を感じて厳しくなるよ~」というのですが、私は若い時より疲れずに滑れる感じで、身体がどんどん軽くなるのが本当に快適です。(体重は軽くなってませんが、、念のため008.gif
といっても、子供のお手伝いがメインで、あまり滑れず、今シーズン中にもう一度スキーにいって、試してみたいです。034.gif

12日(土)夜は皆を置いて、スキー場に未練を残しながら、一人でホテルを出発。電車で帰宅。
後から聞いた話だと、残った親たちは、深夜1:30まで反省会、寝たのはもっと遅かったようで本当にお疲れ様です。ホント先に帰ってきてしまって申し訳ない気持ち。どれだけ大変かもどれだけ楽しいかもわかっているので、言葉にできない気持ちあり。007.gif

そんな中、13日(日)トレーニングに参加中、ゴンドラに乗っている元気な息子の写メが届き、それをみたら、ほっと和みました。粋な計らいが嬉しかったです。私は自分の仕事にとって重要であると考え、スキーよりも養成コースを選択したのですが、色々欲張りすぎたことがよかったのか葛藤もありました。でも、いつもお留守番で待っているお手伝いに行けない親の気持ちが今回初めて分かった気がして。これもいい経験だったと思えました。大変だけどこれまでお手伝いにほぼ参加でき、感動を共有してこれたことが幸せだったんだと改めて思いました。
離れて生活している夫が子供の写真を見たがる気持ちもわかったので、これからは豆に送ってあげようと優しい気持ちにもなりました。

トレーニング終了後、仲間と食事をしながら今後の活動について話し合い、打ち合わせしました。
話が尽きない中、子どものスキーのお迎えがあるので、ここでも、まだ話してたいと後ろ髪ひかれながら、先に新宿から帰宅。

バスの到着は渋滞でおくれて22:30近くに。でも子供たちはバスでたっぷり寝たらしく元気な顔で降りてきました。息子が最初にいった一言は「おれ、ぶっとび!」
これはスキーグループのチーム名ですが、そのチームで終えたことへの満足感と達成感が表情にでていました。

事故や怪我もなく、無事帰宅深夜11:30に帰宅できました。001.gif

帰宅後、息子が小さい声で「ママが何も言わずに帰るから、隠れて泣いちゃった。」と
打ち明けました。そう、ばたばたして帰ったので「帰るね!」と言わなかったので、
いつ帰ったんだろうと探してしまったらしいのです。
私も帰りの電車で気が付ききになってはいたのですが、家族への気遣いがいつも一番下になるのも
私の反省項目です。
でも、兄弟がたくさんいて自分の親がまったく来ない状態で参加してる子もたくさんいるのです。
息子もそんな仲間の気持ちに、思いを巡らせたようで、親子でいい経験だったと思います。

とにかく、この日までどうにか、踏ん張るぞっと思ってた年明けの13日間が終わりました。ふぅ、、、。
解放感!

欲張りなスケジュールで、未練のお別れの連続に、中途半端なかかわりで、仲間にも迷惑をかけ、甘えさせてもらった年明けでした。

大人になって、とくに子どもがまだ小さい私にとって学ぶというのは多くの人に迷惑をかけ、協力してもらいながらやっとできること。学生時代は”学ぶことが仕事”と堂々としてられるけど、子供を預けながらというのは、常に
「そこまでしてすることなのか?今必要か?」と自分自身と周囲(特に身内)への葛藤の連続です。

でも、おかげで、本当に、多くのことを学び、そして、情報量が多くて頭がパンパンなので、しばらくゆっくり時間をとって学習することで頭を整理しながら、
この学びに付加価値を付けて世の中に還元していきたいと思います。

役立つ情報もブログでupしたいと思います。

今年のセッションもようやく開始です。066.gif

明日は、さっそく、今年初のセッション!
結婚式を控えた方から、披露宴に向けて、姿勢と歩行を見て欲しいとのリクエストです。

ドレスがかっこよく着られるブライダルボディーワーク!も広めたいところです。045.gif
[PR]
by chacolita | 2013-01-12 23:59 | プライベート

今年のテーマ

     「楽に動ける自由な身体へ」           070.gif070.gif



body work lounge

LIBERA の 柴です 056.gif

                                                  HPはこちらから←クリック   

31日の夜、布団の中で気持わるくなり、嘔吐。もしこれがノロだったら家族に感染してはまずい042.gif
(夫が一時帰国した3時間後の出来事だし)と思って、外にでて寒空のなかエチケット袋に吐く、、
ひぃーー寒い!033.gif
家に戻って下痢と熱。楽しみだった年越しそばも食べられず、お正月のお雑煮も食べられず。
実家にいたことに甘え、夫と子供を実家の両親に任せ寝込みながら、

さすがに色々詰め込みすぎた、今年は色々なことを手放してのんびり楽に生きるぞぞと
心の叫び、猛省の年明けでした。007.gif

今年のテーマ(備忘録)

色々なことを手放すこと。
本当に必要な価値あるものだけに厳選して、でも、選んだことに対しては確実に成果をだす、
そこにこだわること。
それには、人に乗せられず、自らの価値で選択することを意識すること。
  



喉元すぎると、すぐ忘れちゃうので、時々読み返そう。
あの時は辛かったけど、嘔吐と下痢で不要なものを外にだしたのか!?
今は身体も軽く快適!

何だか意味のあることだったような気がして前向きな気持ちになれた。

昨年はたくさん勉強して詰め込んだので、今年はゆっくり頭のなかも身の回りも整理しよう。
それには休息も大切にしなきゃ。
[PR]
by chacolita | 2013-01-09 01:45 | プライベート
d0180043_1337536.jpg


新年が始まりました!
年賀状とクリスマスカード たくさんもらいました。
うれしい!

年賀状を書くのは大変だけど、もらうのは嬉しい!
お正月を迎えた実感もわくし。ブログやツイッターやfacebookが
主流になっても意外と続く年賀状。

ロンドンにいたころの知り合いからのクリスマスカードは
お隣の老夫婦や、フラメンコ教室で一緒だった60代の女性、
イギリス料理の先生など年配の方が多い。

皆、日本での震災のこと、原発のことで心を痛め、心配してくれていて、
暖かいメッセージが書かれていた。

家族が健康で無事で新年を迎えられることが本当に有難いことだなと
感謝する。(昨年は正月早々、車の事故だったな、そういえば;;)

お世話になったイギリス料理の先生は、イギリス人のご主人と毎年行く
ヨーロッパ旅行を、昨年の夏は北海道にしたと書いてあった。

少しでも自分たちにできることはないのか考えて、日本で少しでもお金を使おうと
思ったとのこと。そして北海道の素晴らしさにイギリス人のご主人も感動し、今年からも
ホリデーは日本で過ごすとのこと。

はっとして、、胸が熱くなった。
そんな風に考えて日本に旅行に来てくれる人がいるんだ。

私も日本でお金をたくさん使おう。
経済を活性化させて、社会をよくするためのお金ならたくさん使いたいな。

社会のために、自分の成長のために何に時間とお金を使うのか、
今年の抱負と合わせて、ただ今、頭ぐるぐるまわってます。

さぁ、今年も元気に頑張るぞ!
今年も変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by chacolita | 2012-01-05 15:20 | プライベート

友人の結婚式 

本当に素敵な披露宴だった。

シェ・松尾はもともと邸宅だったところで中で3つの部屋に分かれていて、

新郎新婦が、先付けと前菜はこのお部屋

メインは隣のお部屋

デザートはさらに隣のお部屋とまわります。

私が司会をしたのは、最初と最後だけ。
メインのお部屋に集まって、立った状態で、入場を迎え、ケーキ入刀や乾杯など行いました。
こじんまりとしたお部屋で、マイクなしで!

なので、まったく緊張せず。
台本通り「みなさま、いかがでしたか?」と聞いても

「おいしかった、よかった」と答えれくれるようなアットホームな会でした。

私たちの部屋は、デザートのときに新郎新婦が回ってくる最後のお部屋でして、

席は、新郎の友人と新婦の日本の時代の職場関係の人々。旅行会社で
皆、楽しい人ばかり。
まずは、ビールで乾杯!シャンパンも追加注文。この部屋だけ、居酒屋・松尾に早変わり。

天井が高くこじんまりとした部屋が、なんだか居心地良くて、お庭もきれいで、料理が本当に美味しくて、非日常の空間がうれしくて、とっても盛り上がってしまいました。いや~楽しかったわ~~。

皆が盛り上がってるなか、新郎新婦登場。この二人も負けてない、とっても楽しそうに
普段と変わらず、喋る!

食事の後はみな、またホールに集まって、モルジブの挙式とカンボジアでの生活のをビデオで拝見。
これがまた、プロモーションビデオのように美しい。
旦那さんが妻を大好きなのがすごくわかる。きれいに撮ってるもん。

その映像を眺めている新郎のお母さまの様子も印象的だった。
すごく幸せそうな笑顔だったのだ。

私も息子の結婚式のときに、こんな笑顔でいられるのかな、、、なんて遠い先のことをふと思った。
子供をうんでから、こういうときに、親側の気持ちになるから不思議だ。

帰り際にごあいさつしたときも、「Mさんはお友達がおおいから。。」って新婦のことを話していたその笑顔が、亡き姑の笑顔と重なって、胸が熱くなった。
私も披露宴の日に、お姑さんに友達がおおいからって言われたな。

8年前に亡くなったお姑さんには本当にかわいがってもらった。
今でも元気に生きていてくれたらどんなに心強かっただろうと思う。
夫の良いところも悪いところもすべて、あうんの呼吸でわかってくれるお母さんだった。

最後の新婦の手紙は亡きご両親とお姉さんと弟さんあてのもので
昨年、父が他界した私の夫は、横で号泣してたな。

そういえば、まえに、5歳の息子が私に
「ぼくは、いつもパパのみたかをするから」といった。
「なんで?」ってきいたら、
「ママのままとぱぱはいきてるけど、パパのママとパパはもういないから、ぱぱはひとりでしょ?」
といっていたのを思い出す。

友人が今の彼とであったとき
「こんな幸せが私の人生に起こると思わなかった」といってた言葉を、最後新郎の挨拶を聞きながら思い出した。

自分にも他人にも厳しく、常に理想が高く、妥協をせず、信念がある!
そして結婚相手も妥協なし!

いや、すごいよ、本当にって思った。

本当に嬉しい1日だった。
自分の14年前の披露宴も思い出したり、心うごく1日で、
私にとっても忘れられない思い出の1日になったな。
[PR]
by chacolita | 2011-05-26 02:36 | プライベート

久しぶりのランチ

d0180043_5331991.jpg

熱狂的に取りつかれてフラメンコをしていたころの仲間5人でランチをしました。
白金の「AWキッチン」 野菜がとってもおいしかった。
←バーニャカウダーの写真。

静かな住宅街に、角2つの壁は大きい窓が開け放されオープンに。
とてもいい天気に涼しい風が吹き込まれ、
天井も高くて、気持ちがいい空間でした。

かけつけいっぱいのビールの美味しかったこと。

どうしてもこの日しか空いていない私に予定を合わせてくれた皆ありがとう。
まだおっぱいあげながら忙しいなかお店探して予約してくれてありがとう。


もう、フラメンコ辞めて6年たっているけど、今でも仲間に会うとほっとするし、元気になる。
一時は週に4日も一緒に会って練習するほど濃い時間を過ごして来た。
楽しい時間を共有した仲間とは、久しぶりにあっても、そのころの感覚が蘇るんだな。
心も身体も元気になるよ。

そうそう、皆、ボディワークに興味深々だった。
そうだよね、フラメンコを辞めた後も(続けてる子も) ヨガやったりピラティスだったり
整体に通ったり、皆、身体に対する関心が高い。

子育てをして腰を痛める人も多い。

ボディワークの需要をここでも感じた。
最近、ブログ なかなかUPできてなかったんだけど、反省。

セッションのことも、勉強し続けている内容もどんどんUPするぞ!

なんか、皆にあって、応援してもらった気持ち、エネルギー注入できた。
久しぶりの優雅な時間、貴重だったな~。

さぁ、今日から、また、仕事(ボディワーク)、子育て、保育園の仕事、家事
頑張るぞ~~
[PR]
by chacolita | 2011-05-16 06:00 | プライベート

新月の願い

酵素を勉強している仲間から、教えてもらいました。

新月には、願ったことが叶うパワーがあると。

今日、4/3は新月だそうです。

23:32から8時間の間に願い事を9個

なるべく、鮮明に具体的に、すでにそうなったように書く!!

主体はあくまでも、自分です。

だから、子供が〇〇大学に受かりますように、、、とかは×です。
その場合は、自分は息子が〇〇大学に通っている母である、ことを想像して、自分の願いごとをかくことが大事だそうです。

私はOPENPATHのボディワークのトレーニングを受けてる間、
「ボディワーカーになる」と書きました。
その後は、「ボディワーカーとしてはたらきはじめる」と書きました。

最初は半信半疑だったのですが、

9個書くというのは意外と難しいです。
最初の2~3個はすぐできますが、もっと増やすとどんどん増えて今度は9個に絞るのが難しい。

そこで、自分と向き合って、何がしたいのか、何が大事なのか考えて9個選びます。
そのプロセスが大切なのかも、ということに気が付きました。

ボディワークもそうなのですが、自分の身体の声、心の声を1人称的に聞くこと
意識してそういう時間を作ること、試してみると、自分の行動に変化がおこります。

今回は、
原子炉が安全に終息した。
放射性物質の影響などまったく受けない免疫力、抵抗力の高い身体になっている
被災地の方の力になれるボランティア活動ができている

など加えたいと思ってます。

震災のこと、復興のこと、広く社会のことを、主体的に考える人が増えると社会が変わるかも。
まずは、自分がそういう一人になりたいと思います。
[PR]
by chacolita | 2011-04-03 07:02 | プライベート
順番が逆になってしまいましたが、1月末でピラティススタイルの受付のバイトを辞めました。

ピラティスは、ボディーワークとの関連も深いので、ボディーワークの仕事が
軌道に乗るまでは継続し両立したいと思っていたのですが、
いや、むしろ軌道にのったら、ピラティスとのコラボで何か企画して本部に提案!
なんて野望も持っていたのですが、

More
[PR]
by chacolita | 2011-02-16 07:34 | プライベート
d0180043_7235768.jpgd0180043_7242981.jpg
手品に夢中な子達

ロンドンに住んでいたころに仲良しだった3家族で、関内に手品を見せてくれるイタリアンにいってきました。
子供たちは大興奮!いやいや、親も乗り出して見たり、裏からみたのですがまったくわからず。
終わってからは子供たちから「もう一回みた~~い」とリクエストがあがり、聞いてみると1回5000円。 3家族で折半ならいいか。。と2回みてきました。

More
[PR]
by chacolita | 2011-01-30 08:19 | プライベート

人生初の頭痛

先日、首の調子がいいと思って久しぶりにピラティスの受付のバイトにいくと、暖房が壊れていて部屋が冷えきっていた。座って仕事することも多く余計体が冷えたのだろう。
夕方には首の後ろと目の奥が痛くて、頭がガンガンする。
夜中には吐き気がして目が覚めた。
これが頭痛なんだ、、と驚いた。

More
[PR]
by chacolita | 2011-01-15 20:14 | プライベート

交通事故

d0180043_21244263.jpg

新年早々、追突事故されちゃいました。
後ろから追突されて、前に追突。

車は動かずレッカーされ、家族で救急車へ。

More
[PR]
by chacolita | 2011-01-03 21:31 | プライベート