Green Room  ボディーワーカー柴永子 の カタールな暮らしぶり

chacolita.exblog.jp

ファシャワーカー(OPENPATH) フェルデンクライス養成コース   Qatarで日本語教師       Qatarで駐在員妻     Qatarで子育て     

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ローフード

昨日は久しぶりの仲間とのローフード教室でした。

LIBERAでも、ローフード教室の企画など、食などとコラボした企画を
取り入れたいなと思っています。

我が家のお隣さんは美しくてかわいらしい今年50歳の女性。
ローフードマイスター1級をもっています!

お隣のEtsukoさんをみていると、加齢が怖くなくなります。
最近美しい40代後半の女性、多いですよね?


さて今日のメニュー
d0180043_5472418.jpg
この美しさ美味しさ、伝わるかな~?
パイナップルとバナナとマンゴー
上層はブルーベリーと酵素たっぷりのジュース㊙を混ぜたものです。
ナッツミルクというのを作っていれてるのですが、
これがコクをだしてるようで、
びっくりするほどおいしかったです。
気持ちは南国気分!

これは売れるよ~と 700円? 1200円?





d0180043_5541293.jpg
こちらは
「ベジタブルロール寿司ロール」と「ローカレー」

寿司ロールはお米の代わりにアルファアルファを使ってます。
のりにつけるたれは味噌とごま油と醤油これがおいしい。
このたれをつけ野菜を海苔でまけば、なんでもいける!

ローカレーって何? と最初は思ったけどこれも美味しいのです。ディップのやわらかい感じというとイメージできるかな?


d0180043_61824.jpg
こちらは、「苺とバナナのヨーグルト」
もちろん乳製品は使わないわけで、代わりに使ってるのが
”フラックシード”

亜麻の実のことで、
紀元前5000年頃のメソポタミア時代からずっと使われてきた食べ物だそうです。

抗がん、抗炎症、抗ウィルス、抗ストレス作用の強いリグナンというファイトケミカルを
他のどんな食品よりも多く含んでいることと、含まれる脂肪の53~62%が血液をサラサラにして
心臓病や脳卒中を予防するのに役立つα-リノレン酸(オメガ3脂肪酸の一種)であることから、
欧米の健康意識の高い人々の間で、ミラクルシード(驚異の食べ物)として関心を集めているとのこと。

このフラックシードを浸水しておくと粘りがでて それがちょうどヨーグルトのようになるのです。

乳製品が大好きな息子。(私がそう育ててしまったのだけど)
でも、乳製品を摂取しすぎると、決まって鼻水をだす。
鼻水がたまると中耳炎。

フラックシードには抗アレルギーの効果もあると書かれてるし、
これでヨーグルトを作れば、息子も夫も大喜びかも!

さっそく作ってみよう。
まずは食材調達からだ。
[PR]
by chacolita | 2012-01-19 07:38 | ローフード

フェルデンクライス

今年は新年早々、1月4日に
フェルデンクライスアカデミーのティーチャーズコースのクライアントモデルに参加してきました。

午前中はFI(1:1のプライベート)のモデルになりました。トレーニングを受けている方たちのとても緊張している様子に、私もOPENPATHの養成コースで外部のクライアントさんをモデルにしたときは随分緊張したなぁ と懐かしく
当時の自分の姿とダブらせてしまいまいました。

セッション後は頭が楽に支えられる。首の存在を忘れる感じ。年末からのお酒飲みすぎ二日酔いのような気持ち悪さが抜けて、スッキリ気持ちよかったです。普段無意識に首に力が入ってるのを自覚する。胸も開いて立ちやすく歩きやすくなりました。
とても丁寧にやっていただいたことが伝わりありがたかったです。
自然体な感じで、親しみやすい方できっといいプラクティショナーになるんだろうなと思いました。

セッション後にイスラエルから来てるトレーナーの話が少し聞けました。
フェルデンクライスとは赤ちゃんがやっていることを大人が意識的にするということ。
赤ちゃんが空間の中で大発見してく、いろいろ面白い、興味深いと感じて習得していく動作が成長過程でとても大事だということがわかった、それを大人が意識化してすることで、多くの気づきを促すという説明があった。

〜動きは人生であり、人生はプロセスである。プロセスの質を高めれば、人生の質を高めることができるであろう。〜(モーシェ・フェルデンクライス)(HPからの抜粋です!詳細はHP見てね)

興味ぶかかったのは、イスラエルの小学校で7歳の子を対象にATMを導入した話。
(ATMとはグループで行うレッスンで見本の動きはなく、言葉の誘導だけで身体を動かすもの)

授業中も歩き回り落ち着きもなかったような子が、最初こそ歩き回っていたものの4回5回と続けるうちに落ち着いて参加するようになり、10回目にはものすごく集中して取り組むようになったということ。
そのビデオをみて学校の先生たちは驚いたというお話だった。

6歳の息子をもつ私としてはとても興味深い話である。

赤ちゃんの成長過程が大事であることはボディワークを勉強し始めてとてもよくわかった。
大人や思春期くらいの子供が何かを習得する目的をもって、体性感覚を上げるためのワークに取り組むことができるのもわかる。

でも、6歳とか7歳ってちょっと難しいのでは?と感じていた。
赤ちゃんが習得する動きの過程が大事だと聞いても、わが子手遅れですとショックを受ける親は私だけではないはず!

そして、中年(?)になった自分もまだまだ身体教育で身体能力を上げることができるという事実。

私のFIを担当してくれた方は、今年は数年前の3分の1でおせち料理が作れたと言っていた。

無駄のない動き
無駄のない思考
無駄のない身体

目指したい! 

そして、今年は、さらに理論的な構築ができるように勉強を深めたいと思う。

私は直感や感覚をとても大事にしていてるのだけど、
プロとして仕事をする、
お金を頂くということは理論の裏付で自分の中で落とし込めることも必要だと思う。

あとは英語だ。ボディワークの本は原書で読んだほうがわかりやすいらしい。
訳しかたによってニュアンスがかわるので、原書で読んで自分で感じ考えたほうがいいというのは何となくそう思う。

ん!? これって新年の抱負?

1 無駄をそぎ落とす(思考、動き、できれば贅肉も)
2 理論の構築
3 英語

フェルデンのことを書くつもりが新年の抱負で終わる。
これがブログのいいところかな、書くことで整理ができるのだ!
今年はブログUPを頻繁にすることも心がけようっと。

そしてフェルデンで気が付いた新年の抱負を大事にしよう!
[PR]
by chacolita | 2012-01-19 04:13 | ボディーワーク
d0180043_1337536.jpg


新年が始まりました!
年賀状とクリスマスカード たくさんもらいました。
うれしい!

年賀状を書くのは大変だけど、もらうのは嬉しい!
お正月を迎えた実感もわくし。ブログやツイッターやfacebookが
主流になっても意外と続く年賀状。

ロンドンにいたころの知り合いからのクリスマスカードは
お隣の老夫婦や、フラメンコ教室で一緒だった60代の女性、
イギリス料理の先生など年配の方が多い。

皆、日本での震災のこと、原発のことで心を痛め、心配してくれていて、
暖かいメッセージが書かれていた。

家族が健康で無事で新年を迎えられることが本当に有難いことだなと
感謝する。(昨年は正月早々、車の事故だったな、そういえば;;)

お世話になったイギリス料理の先生は、イギリス人のご主人と毎年行く
ヨーロッパ旅行を、昨年の夏は北海道にしたと書いてあった。

少しでも自分たちにできることはないのか考えて、日本で少しでもお金を使おうと
思ったとのこと。そして北海道の素晴らしさにイギリス人のご主人も感動し、今年からも
ホリデーは日本で過ごすとのこと。

はっとして、、胸が熱くなった。
そんな風に考えて日本に旅行に来てくれる人がいるんだ。

私も日本でお金をたくさん使おう。
経済を活性化させて、社会をよくするためのお金ならたくさん使いたいな。

社会のために、自分の成長のために何に時間とお金を使うのか、
今年の抱負と合わせて、ただ今、頭ぐるぐるまわってます。

さぁ、今年も元気に頑張るぞ!
今年も変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by chacolita | 2012-01-05 15:20 | プライベート