Green Room  ボディーワーカー柴永子 の カタールな暮らしぶり

chacolita.exblog.jp

ファシャワーカー(OPENPATH) フェルデンクライス養成コース   Qatarで日本語教師       Qatarで駐在員妻     Qatarで子育て     

<   2012年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

歯並びと体性感覚

今日は息子の歯科の定期検診でした。

通っているのは我が家から車で15分くらい 
歯の治療をしながら全身をみる!
口の中をみるとその子の生活習慣がわかる!という小児歯科専門の先生です。

小児の歯科を診ることが老後までを助けるという思想。

出会いは2年前
私が愛飲している抗酸化力が高く酵素ミネラルビタミンたっぷりのジュースのネットワーク団体が主催する講演会でげんかい先生の講演会に参加したことがきっかけです。

丁度同じタイミングでOPENPATH主催のソマティクスの1DAYワークショップに参加し
”体性感覚”という言葉に出会ったところでした。

げんかい先生は、講演会で
「物事を習得する過程でこの体性感覚というのがすごく重要である!」と明言されており
その根拠となる事例を、歯並びの視点からオリンピックで金メダルをとれる選手と難しい選手と比較しながらわかりやすく説明してくださいました。

この講演会にでた直後、よくわからないけど、私がこれから勉強しようとしてることはたぶん、すごいことのような気がする!という直感と、とにかく知りたい!の勢いでOPENPATHのプロ養成コースに申し込んだという、今にして思えば
私が、ボディーワーカーになる大きなきっかけとなる講演会でした。

そして、そんなことすっかり忘れ、ファシャワーカーとして仕事を始めていた私。
2月ごろ、息子の虫歯を疑い、ふと、げんかい先生を思い出し、通い始めました。

さて、今日の検診の結果、
「虫歯はありません。
 歯ぎしりも、上手くしたね~。綺麗に隙間なく歯がそろってる
 この感じだと、足もどんどん速くなってるんじゃない?今!

 ただね、問題点はひとつ!
 左が使えない、
 噛むのも右だけ、身体動かすのも右だけ
 身体 少しずつ、ゆがんできてるよね、
 今は大丈夫だけど、このままこの動きが続くと
 永久歯が生えてくる頃には、奥歯のスペースがなくなって
 歯並びに影響してくるかも、、、」

さすがです。
このところずっと気になってたんです、息子の身体のゆがみと動き

2年前、4~5歳の時養成コースで勉強しているときは、
息子の身体は私の勉強のための実践モデルでした。
まだ歪みもなく(というより、まだ目立たなかったのと私がまだ見抜けなかったのと多分両方)
筋膜もゆるゆる、ぷるぷるでした。

寝てる息子の布団をはいで、
ここが、脛骨筋で、ここが腓腹筋で、、、と毎晩復習したもんです。 
起始と停止がはっきりわかるし、綺麗に別れてる!
とっても勉強になりました。

今6歳
2年前より、下腿の筋肉に収縮がみられ、
今では、布団はいで、時々触って確認、こっそりリリースしてます。(起きてるとふざけて邪魔するので!)
この1年、スケートにスキー、自転車 かけっこ 竹馬 
運動しまくりだったし、

ボディーワーカーの息子として
英才教育したいところ!

そして、げんかい先生はオミトオシ!

私「食べるとき左で噛めっていえばいいですか?」
先生「みんな そういんだけどね、それ無理(苦笑)
   噛むってただ上下にはさんでるだけでなくて
   顎をまわしてるの、
   その回すのができないと思う
   
   口というよりも、身体の左側動かすように、
   こどもに工夫してみて、柱にゴムつけて引っ張らせるとかでもいいんだけどね
   むずかしいとは思うだけど、おかあさん 考えてみて
   それで効果があったらこれはすごいことなの、
   今、こどもたちのデーターをとってるの、
   歯の。
   これで数値で効果だせたら、すごいの
   だって、身体の動かし方でむし歯の予防ができちゃうんだから」

おーーすごい!

先生「収縮しちゃうのがね、硬くなっちゃうのがいけない
   だから、口のマッサージを推奨して実践してきたけど、 
   身体とも関連してると思うから」

2年前、先生のおっしゃってること、ぼや~んとしてたけど、
今なら、わかる。
先生がどこに向かって結果をだそうと研究しているのかが。

歯をみて、カルテに沢山書き込んでいたので、
”そんなにむし歯だらけ~!?”とショックをうけていたのだけど、
むし歯はないというので、あれ?と思っていた。

カルテに書き込んでいたのは別のことだったのだ。

先生「私もほら、こちら側では上手くかめないの、顎がうまく回せててないでしょ?
   もう、私はいいの、この年齢だから、でもこの子たちには将来があるから、
   予防できることはしてきたい、これ数値で結果だせたらすごいから、
   お母さん、試してくださいね、観察して」

そういえば、講演会のとき、先生は ”観察”ということが大事だとおっしゃっていた。
きちんと観察する目をもっていれば、そこから新しい発見をすることができる。
それは、主婦でもできることで、主婦が日常生活のなかでそういう目を持つことで発見し
仕事につなげることだってできると。

ボディワークの勉強をしていなかったら、先生のいってること
ここまで理解、共感できなかったかも、、と思う。
今はすごくわかる。

さて、歯科で売っていた、シュガーレスのキシリトールガムを購入して、
「左でかんでこらん」と息子にガムをあげた。

母「左で噛むの難しいんじゃない? でも左で噛めるようになるともっと足早くなるってよ」
息子「おれ、ひだりでかめるし」

本当だ、うまく噛んでるじゃん、、、って気が付くと右で噛んでる、やはりそうか!

母「右になってるよ!」って指摘するとあわてて、左にするけど
暫くするとやっぱり戻ってる。

先週 野球チームの体験にいき、キャッチボールをしたがるので、
柔らかいボールでリビングで窓にむけてやっていいよーって放っておくと
んん!? 綺麗なフォームで右で投げてるけど、
母「左で投げてこらん」 と伝えると、
やってみるけど、まったく不器用ちゃん。

左で投げるのは嫌がる!

そこで次の挑戦は!
お風呂に入って、湯船に向い合せに座る。
私が右腕をだし、息子が左腕を伸ばし、真ん中でごっちんことするゲーム

息子は早ければいいとガサツな動き、右腕を得意にボクシングのようにするけど、

ちゃうちゃう~~!!

母「左腕をゆ~~くりのばすの。これはゆ~~くり動かしたほうが勝ちのゲームだよ」

腕をみながらゆ~~くり動かそうとする。
あー、右腕は自由自在に動かすのに、左腕動かそうとすると、腕を見ちゃうんだ、、、

母「ママの顔みながらやって、うでみないで。。。」

ゆーくり、やる。

いつもの動作には見られない動き!
これ、いけるかも!!

矯正いらずの歯並び実現なるか!?

真面目に定期健診に通おうと心にきめる!
[PR]
by chacolita | 2012-04-14 15:22 | ボディーワーク