Green Room  ボディーワーカー柴永子 の カタールな暮らしぶり

chacolita.exblog.jp

ファシャワーカー(OPENPATH) フェルデンクライス養成コース   Qatarで日本語教師       Qatarで駐在員妻     Qatarで子育て     

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ノーベル生理学・医学賞を受賞された山中教授がカタール国際会議場(QNCC)で開催されるカタール財団の年次フォーラムの出席のためにドーハに訪問。
息子が通っているドーハ日本人学校に来校して講演会をしてくださいました。

まず最初に子供たちに
「みんな夢はあるかな?」と質問。
子供たちは元気に手を挙げて皆、自分の夢を元気に発表。
わが息子は、「サッカー選手」(←小学生男子ほとんど)と大きな声。

山中教授が一番最初に子供たちに伝えたことは
夢はこれから変わっていくかもしれないけれど、
色々な行事どんなことでも一生懸命やることが大事。
子どもの間にいろいろなことをやったほうがいい


本当にそう。
力を出し切ることの素晴らしさを体感してほしいといつも思っているので、やはり、そこから始まるのですよねと納得し、うなづき、励まされる。

それから、教授自身がなぜ科学者になったかについて子供たちにわかりやすく説明してくれました。子どもの頃は細くて、弱弱しいと心配した父親の勧めで中学生になったとき、柔道を始める。

その後ラグビーもやり骨折を多々経験、昨日まで元気だった人が、スポーツでのけがをきっかけに歩けなくなり人生が変わってしまうのを目の当たりにするようになり、どうにか救うことはできないか、人を救いたいと思って、高校生の時に医者になると決めて、その道を選択。

お医者さんになってから、なぜ科学者になろと思ったか?

「外科の手術が下手だったのもあるんだけど(笑)
今ある技術では、病気はすべて治すことはできないこと、だから新しい技術、今ここにないものを発見して、今治せない病気を治せることに貢献したいと考えるようになったから、科学者になったんだよ。」と。

そして、血液から力のあるIPS細胞を作ることができるようになった。
4つの因子をかける、因子ってわかるかな? 遺伝子の情報だけど、血液の中に入っている。


そこでパワーポイントでスーパーマンの主役だった俳優さんが大けがで
脊髄損傷 下半身不随になってしまったことを紹介。

d0180043_11461336.jpg


腰に神経細胞を移植することで動けるようになることがわかってきたとのことで、ネズミの実験の紹介。

脊髄損傷をさせたネズミの映像、下半身を引きずって前足だけで歩く様子を確認
「かわいそうだけど、いきなり人間に実験はできないのでこうやってネズミにするんだよ」と説明
そして、ips細胞で腰に神経細胞を移植したところ、ネズミが少しぎこちなさは残るものの、スムーズに歩けるようになったんですね!映像をみて、うぁ~と歓声。

「これを1日でも早く人間の治療に使えるようにすること、これが僕たちの仕事です。」

子どもの視線に合わせたシンプルで分かりやすい、それでいて興味深い内容でした。

そのあとは子供たちの質疑応答
子供たち皆が元気よく手をあげて質問しました。


Q「豹の細胞を人間に移植したら足が速くなるというようなことができるようになりますか?」
Q「像の細胞を人間に移植したら鼻が長くなるというようなことがありますか?」

今の段階では、その人の持っている細胞を本人に移植することしかできなこと、ほかの細胞は拒否反応がでてしまうのでできないよと答えられていました。

できたら、困ります。できないことを祈ります。

最後に生徒と父兄もはいって集合写真。
この写真は翌日の新聞にも掲載されました。
[PR]
by chacolita | 2013-11-30 11:08 | カタール

備忘録

「ファシャワーク」について書いてます。
いつ書き終わるのでしょう(涙)

書き始めると、当たり前のように使っている言葉の意味を改めて考えてみたりする。
この言葉の定義って何だろう?

私が感じてる感覚をうまく言葉にできず、この感覚を説明してる言葉を見つけるために関連する書籍・文献をよみ、
また、新しい知識と言葉に出会っていく。

とにかくMEMOしておこう。
・フェルデンクライス博士は膝の大けがで、医者にかかったところ、治すには手術が必要でしかも成功率は50%未満という話。自分の力で膝を治そうと、自分自身の身体を研究材料に、治療方法を探り出す。その探求は多岐にわたり、彼の視野の広さを物語る。
生物学、サイバネティクス、言語学、システム理論などへの深い興味をもち、それらと自身の知識を融合させていくことで膝をなすことに成功。
「歩くこと」を自分自身に再教育し、そのプロセスのなかで、人の機能を向上させるために脳神経システムに働きかける方法を考え出す。 その後も、心理学、神経生理学など、身体関連の各分野について学び、独自の研究成果をさらに高めていく。 1949年には、人の動きと神経システムとの関連に関する自らの理論を「身体と成熟した行動」という本に纏めて出版(フェルデンクライスメソッド入門 伊賀英樹P20)

・力の入っている状態にまずは気づくことが必要。気づけば力を抜くのは楽。無意識に力が入っている状態から解放される感覚、これが身体が軽くなる、楽になる感覚。
[PR]
by chacolita | 2013-11-03 10:35 | ボディーワーク